バッテリー交換時期・タイミングについて

バッテリー交換時期・タイミングについて

バッテリーは2年から3年程度で交換するのが推奨されています。

バッテリーが上がると走行できなくなります。

遠出中に走行できなくなると大変なことになりますので、セルの回転の力が弱くなったと感じたら交換してしまいましょう。

バッテリーは様々なメーカーから発売されています。

価格も様々ですが、信頼できる日本製を使うことをおすすめします。

交換方法ですが、それほど知識が無くても交換自体は簡単にできます。

まずボンネットを開け、バッテリーのマイナス端子を緩めて外し、次にプラスの端子を外します。

たいていの車は、バッテリーがずれないように、カバーなどで固定されていますのでそのカバーを外し、取り外します。

バッテリーは意外と重いですし、取り外しは無理な姿勢になりがちです。
腰を傷めないように注意してください。

取り出したら新しいバッテリーを取り付けるのですが、取り外した手順とは逆に行っていきましょう。

まずはバッテリーを固定し、プラス端子を取り付け、次にマイナス端子を取り付けます。

マイナス端子を取り付ける際には、火花が散ることがありますので注意してください。端子をしっかりと締めこんだら交換は終了です。

しかし、この方法でバッテリー交換をすると、ナビのメモリーや車の一部機能、例えば窓の集中制御などが初期化されることがあります。そうなると最初から設定しなおしになり、少々手間がかかります。

バッテリー交換時のバックアップ用電池、というものが売っていますので、それを使うことをおすすめします。

不安な場合はディーラーやスタンド、カー用品店に頼むといいでしょう。
工賃は1000円程度で行ってくれるところが多いです。

使用したバッテリーは、購入したお店で引き取ってくれます。

ネット通販などで購入した場合は、カー用品店に持っていくと無料で引き取ってくれます。

一般ごみとして出すのは、ほとんどの自治体では禁止されていますので、ゴミに出すのはやめましょう。

コメントする