タイヤ交換の目安!自分で作業できない場合の対処法

タイヤ交換の目安!自分で作業できない場合の対処法

タイヤは溝が無くなったら交換することになっていますが、ゴムは経年劣化し硬くなっていきますので、溝があったとしても3年から5年程度で交換することをおすすめします。

特にスタッドレスタイヤは3年程度で交換したほうが安全です。

タイヤをホイールに組み込む作業をユーザーがやるのは難しいのですが、ホイールごとであれば作業自体は簡単です。

工程としては、車をジャッキアップし、ホイールナットを緩め、タイヤを外し、新しいタイヤを組み込み、ホイールナットを締める、という工程になります。

注意するべき点としては、まず平坦な硬い地面で作業を行うことです。

地面はコンクリートが理想的ですが、アスファルトや土の場合は、車の下に鉄板などを引いた上で行ってください。

ジャッキアップする際、車にかける場所は決まっており、そこを外すと車が傷みます。

車載工具として積んであることの多いパンタグラフジャッキですが、倒れることが多いので設置する地面には十分注意してください。

カー用品店などで売っているフロアジャッキは倒れることは少ないのですが、ジャッキアップポイントにかかりにくく車体をへこませることがあります。

2台用意し、左右に入れ両方から持ち上げることをおすすめします。

また、タイヤは意外と重いので腰を傷めないように、十分注意してください。

ホイールナットは1個ずつ外すのではなく、まんべんなく緩めていって外してください。ホイールナットを締める際は、規定のトルクで絞めてください。

規定のトルクは説明書に書いてありますが、トルクレンチという工具がないと正確なトルクはわかりません。

思いっきり締めればいい、という方もいますが、ホイールボルトが折れてしまうことがあるのでやめましょう。

自分での作業が不安な場合は、ディーラーやガソリンスタンド、自動車用品店で交換してもらうことをおすすめします。

4,000円程度工賃がかかりますが、一度自分でやってみるとどれだけ安価かわかるかと思います。
また、交換後しばらくは、ホイールナットが外れていないか、乗車前や降車後に確認してください。

【体験談】車買取一括査定サービス「カーセンサー」で40万円で売却した話

車を売却する際に使った一括査定サービスは、カーセンサー

長年、連れ添ってきた愛車を手放すにあたって、私が選んだのは一括査定サービスでした。

なぜ、一括査定サービスを選んだのかと言うと、少しでも高く売りたかったためです。やっぱり、愛着あるクルマでしたから、価値が分かる人=高く買い取ってくれる人に渡したかったんです。

一括査定サービスというのは、通常の下取りなんかと違って、ネット上で愛車の情報を入力するだけでだいたいの金額と査定してくれる業者さんが表示されます。

そこから、選んだ業者さんがちゃんとした査定を提示してくれるという仕組みになっています。私が使用したのはカーセンサーというサイトでした。

大手のリクルートさんがサービスを提供していて、普段から買取以外の記事とかをよく読んでいて信頼が置けたので利用しました。

最大30社という業者数も魅力的でしたし、優良業者限定というのも選んだ理由にはなっています。

ただし、カーセンサーは他の一括査定サービスと違って、精密な査定をするために個人情報の入力が多いので、そういうところがちょっとした注意点です。

ディーラーさんに下取りしてもらうことも一応検討

私は車を売るにあたって、ディーラー下取りという選択肢もありました。
しかし、高く売れないだろうと思ってやめました。

私が住んでいるのは田舎なので、下取りしてくれるディーラーが限られているからです。仮にディーラー下取りで、30社比較なんてことをしようものなら時間がめちゃくちゃかかってしまいますしね。

トヨタのプリウス2009年式が40万円で売れた

私が手放した車は、トヨタのプリウス2009年式でした。だいたい走行距離は10万キロぐらいで、買取金額は40万円ほどになりました。

一括査定サービスを利用して、車を売却したことにはとても満足

一括査定サービスを利用して、車を売却したことにはとても満足しています。

わざわざディーラーに行く必要もありませんでしたし、結果的に一般的な下取り相場よりも高く売却できたので上出来です。メール依頼ができたので、セールスの電話などがなかったのもよかったです。

賢く車を手放そうとしている方へ

愛車を手放そうと決めた方には、ぜひとも一括査定サービスを利用してもらいたいです。

ディーラーなどは、あくまで販売メインで買取はついでだったりするので、査定額や流れがいまいちな場合もあります。

一括査定サービスの場合は、スマホやパソコンの前で、本格的な査定までが完結しているのがとても便利です。

また、自分の愛車が複数の業者によって、まるでオークションのように扱われるサマは、そのクルマの価値を再確認させてくれます。

ぜひとも、一括査定サービスを使って、愛車を売却してみてはいかがでしょうか。

バッテリー交換時期・タイミングについて

バッテリー交換時期・タイミングについて

バッテリーは2年から3年程度で交換するのが推奨されています。

バッテリーが上がると走行できなくなります。

遠出中に走行できなくなると大変なことになりますので、セルの回転の力が弱くなったと感じたら交換してしまいましょう。

バッテリーは様々なメーカーから発売されています。

価格も様々ですが、信頼できる日本製を使うことをおすすめします。

交換方法ですが、それほど知識が無くても交換自体は簡単にできます。

まずボンネットを開け、バッテリーのマイナス端子を緩めて外し、次にプラスの端子を外します。

たいていの車は、バッテリーがずれないように、カバーなどで固定されていますのでそのカバーを外し、取り外します。

バッテリーは意外と重いですし、取り外しは無理な姿勢になりがちです。
腰を傷めないように注意してください。

取り出したら新しいバッテリーを取り付けるのですが、取り外した手順とは逆に行っていきましょう。

まずはバッテリーを固定し、プラス端子を取り付け、次にマイナス端子を取り付けます。

マイナス端子を取り付ける際には、火花が散ることがありますので注意してください。端子をしっかりと締めこんだら交換は終了です。

しかし、この方法でバッテリー交換をすると、ナビのメモリーや車の一部機能、例えば窓の集中制御などが初期化されることがあります。そうなると最初から設定しなおしになり、少々手間がかかります。

バッテリー交換時のバックアップ用電池、というものが売っていますので、それを使うことをおすすめします。

不安な場合はディーラーやスタンド、カー用品店に頼むといいでしょう。
工賃は1000円程度で行ってくれるところが多いです。

使用したバッテリーは、購入したお店で引き取ってくれます。

ネット通販などで購入した場合は、カー用品店に持っていくと無料で引き取ってくれます。

一般ごみとして出すのは、ほとんどの自治体では禁止されていますので、ゴミに出すのはやめましょう。

エンジンオイルのメンテナンス方法、交換の目安は?

エンジンオイルのメンテナンス方法、交換の目安は?

エンジンオイルは、エンジン内部の潤滑を主な目的としています。

潤滑以外では、エンジンの冷却や、ピストン周りを密閉してパワーのロスを少なくする効果もあります。

エンジンオイルは、車を使っていると劣化していきますし、徐々に少なくなっていきます。

日常点検として走行前にチェックすることが義務付けられています。

エンジンオイルのチェック方法は、まずエンジンルーム内にある白やオレンジ樹脂製の輪を引き抜き、先についている棒状の物(オイルレベルゲージといいます)を雑巾で拭きます。

再度オイルレベルゲージを差し込み、引き抜きます。

オイルレベルゲージの上限と下限の間がオイルで濡れていれば量は正常です。

下限以下になっている場合は、非常に危険ですので即オイルを追加してください。

追加する場合は、現在使っているオイルと同じオイルを入れたほうが良いでしょう。

また、極端に汚れている場合は交換してください。

エンジンオイルは半年、もしくは数千キロごとに交換が推奨されています。

ほとんど走らない場合でも、オイルは酸化して劣化していきますので、1年を目途に交換してください。

タイヤは唯一地面に接地している部分ですので、一層の注意が必要です。

乗車前に、空気圧が適正か、亀裂や損傷、摩耗が無いかを確認することが義務付けられています。

タイヤが作れていないか、傷が無いか、何か刺さっていないか、といったことをチェックしてください。

また、タイヤの空気は、パンクしていなくても徐々に抜けていきます。

外観ではわかりにくいので、空気圧を計る器具を購入し測定することをお勧めします。

外観で見てわかるほどタイヤがへこんでいる場合は異常事態です。

パンクしている可能性もありますので、修理や交換が必要です。

タイヤの空気は、ガソリンスタンドやディーラーで入れることができますが、専用の空気入れがあれば自分で入れることも可能です。

いちいちスタンドに行く必要が無くなりますので、購入することをお勧めします。

灯火類のチェック(ヘッドライト、スモールライト、ウインカー、ナンバー灯など)

灯火類のチェック(ヘッドライト、スモールライト、ウインカー、ナンバー灯など)

日常点検では灯火類のチェックも義務となっています。

片側だけヘッドライトが切れている車とすれ違ったことは、一度はあると思います。

このように、自分の車のライトが切れていても、運転中は意外と気がつかないものです。

運転前の暖気運転中に、一通りチェックしてしまいましょう。

チェックする場所として、まず車のフロント側ですがヘッドライト、スモールライト、ウインカー、ナンバー灯があります。

フォグランプがある車はそこも確認してください。

フォグランプは、ヘッドライトがついていないと点灯しない車がほとんどです。ヘッドライトをつけてから確認してください。

そして後部です。

テールライト、ブレーキライト(ブレーキランプ)、バックライト、フォグランプ、そしてルームライトです。

ブレーキランプは一人では確認が難しい場所ですが、壁に近づいてブレーキを踏むことで反射する光で確認することができます。

バックライトは、ギアのバックと連動して点灯するライトです。
ギアをリバースに入れて確認してください。

リアのフォグランプもヘッドライトと連動し点灯するものがほとんどです。ヘッドライトをつけてから確認しましょう。

車内灯も点検項目として入っています。手動で点けることができますので、確認してください。

ランプが切れている場合は交換が必要です。

フロント側はボンネットを開けることでアクセスすることが可能です。

リアはトランクや、ハッチを開けるとアクセスできます。

どこのランプも比較的簡単にアクセスが可能になっていますが、自分で作業することに不安がある場合はディーラーやガソリンスタンド、カー用品店に頼んでしまってもよいでしょう。

工賃は500円程度と比較的安価です。

ランプ切れは反則金7,000円と1点減点、ブレーキランプ切れに至っては反則金9,000円と2点の減点となり、結構な出費となります。

無駄な出費を避けるためにも、車に乗る前には必ず点検しましょう。

個人的な話になりますが、前職で自動車整備工場に勤めていました。そこではパワハラが横行していて私も被害に遭いました。

結局、就職をして1年足らずで辞める決意をしたのですが、自分から退職したい旨を言い出せずにずるずる日が過ぎて行きました。

最終的には、退職代行という流行りのサービスを使って辞めることに成功しました。

退職代行jobs(ジョブズ)は、あなたの代わりに手続きをしてくれる代行サービスなのですが、自分から伝えることができない人には特にお勧めです。

 

ウインドウォッシャー液とワイパーブレードについて

車のボンネットを日常的に開けている方は少ないのではないでしょうか。

全く開けたことがない、という方も多いと思います。

しかし日常点検は法律で義務付けられており、点検するためにはボンネットを開けなければなりません。

車によってボンネットの開け方は違いますが、説明書やディーラーに聞いて覚えておくようにしてください。

まずウインドウォッシャー液についての説明です。

ボンネットを開けると、WASHER FLUID ONLYという文字と、窓にウォッシャー液が噴き上げているようなイラストが描かれている黒い円形の蓋があると思います。

そこがウインドウォッシャー液を入れる補充口になります。

そこの蓋を開けて、ウオッシャー液を追加することで補充ができます。

使用するウォッシャー液は、カー用品店などで売っています。

有名カー用品店では、怪しいものはまず並んでいないので、好みの物を買ってください。

降雪地域では、冬場は凍ることがありますので、マイナス何度までオーケー、と書かれているウォッシャー液を選んでください。

ワイパーブレードは、年に1度程度の交換が推奨されています。

ふき取り具合が悪かったり、ゴムが切れている場合は即交換してください。

定期点検時にディーラーから交換を勧められ、その言いなりに、という方も多いと思います。

自動車メーカー直営のディーラーでしたら安心して任せていいでしょう。

ご自分でも交換できますが、様々な種類がありますので十分注意して購入、交換してください。

ブレーキフルードは、ブレーキを動かすために必要な液体です。

自分で追加や交換するのは危険ですので、量のチェックだけにしておいてください。

エンジンルームに、DOT4などと文字が入った丸い蓋があり、それがブレーキフルードのタンクになります。

タンクには、UPPERとLOWERという文字がありますので、UPPERより上になっていないこと、LOWERより下になっていないことを確認してください。

異常があった場合は、自分で触るのは危険なことろですので、ディーラーに任せてください。

なお、僕は先日かなり走ったminiを買取業者に売却しました。10万km以上走ったんですが、買取はしてもらえるんですね。

10万キロ走ったminiでも売却可能?(参考ブログ)

こちらのブログにもあるように、mini自体人気車種ですし、オーナーガー思っているよりも価値があるので、もしminiに限らず車を手放そうと思っている場合は、査定してもらうとよいかもしれません。

 

ブレーキのメンテナンス!ブレーキパッド、ブレーキディスク利用の注意点

ブレーキは、簡単に説明するとペダルを踏むことでオイルを送り込み、油圧の力でタイヤについているディスクなどに力をかけて、タイヤの回転を弱める、という構造になっています。

メンテナンス時にチェックする部分は、まず送り込まれるオイル、力をかけるブレーキパッド、そして力がかけられるブレーキディスクをチェックすることになります。

ブレーキオイルはブレーキフルードとも呼ばれます。

ブレーキフルードが急激に減る、ということは壊れているとき以外はありませんが徐々に減っていきますし、空気中の水分などで劣化していきます。

劣化すると踏んでもしっかり止まらない、ということが起こりますので定期的に交換が必要です。

ブレーキフルードをすべて抜いて入れ替える、という手順になりますが、ブレーキまで流すホースが長く、なかなか手間のかかる作業です。

さらに、途中で空気が入った場合はブレーキの利きが著しく悪くなるので、ここも注意が必要です。

ブレーキパッドは、使う程に減っていきます。

規定の厚さよりも薄くなった場合は交換しなければなりません。

きちんと半年ごとに点検に出していればディーラーがチェックしてくれますが、確認ならば自分で行うことも可能です。

これも、元のパッドを外し、入れ替える、という手順ですが、まっすぐ入れないと動きが鈍くなり利かないということがおこります。

ブレーキディスクも規定の厚さを割り込んだ場合は交換しなければなりません。

推奨されているブレーキパッドを使っている場合はそれほど減りませんが、まれに非常に攻撃性の高いブレーキパッドもあります。

そういったものを使う場合はブレーキディスクの減りも早くなりますので注意してください。

どれも自分で行うことは可能ですが、ブレーキという命にかかわる重要部品ですので、十分に注意して交換してください。

作業は経験のある方の指導の下に、行うのが望ましいです。
これも自信の無い場合は、ディーラーや自動車用品店に任せてしまったほうがいいでしょう。

エアコンフィルターの交換について

エアコンのフィルターは1年程度で交換することをおすすめします。

ディーラーに頼むと3,000円から4,000円かかりますが自分で行えばエアコンフィルター代だけですみます。

エアコンフィルターはおおよそ1,500円程度で売っていますので、かなりの節約になります。

交換自体は非常に簡単です。

ほとんどの国産車はグローブボックスの奥にエアコンフィルターが設置してあります。

グローブボックスの中身をいったん全て出し、場合によってはグローブボックスの蓋を外し、装着してあるエアコンフィルターを外して新品に入れ替えるだけです。

エアコンフィルターの設置場所を探すのが一番大変な作業かもしれません。

エアコンフィルターのサイズは車によって違いますので、自分の車に合ったフィルターを購入しましょう。

また、交換は1年ごとでも良いのですが、掃除は3カ月から半年に1度位は行ったほうがいいでしょう。

枯葉や虫などのゴミが引っかかっていますので、取り出してポンポンと叩くだけでも取れて綺麗になります。

スパークプラグは1万キロから2万キロで交換することが推奨されています。

イリジウムプラグといった高性能なプラグだと交換時期は伸びますが、定期的に交換しましょう。

プラグコードを外し、プラグレンチを差し込んで回して外すだけです。

しかしプラグには熱が加わっているために非常に硬くなっており、抜きにくくなっています。

抜く際には力が必要ですので、ケガをしないように注意してください。

また、抜いた際の穴(プラグホール)から砂などのゴミや埃が入らないように十分注意してください。

砂が入るとエンジン内に傷が入ってしまい、最悪エンジンが壊れます。

プラグ交換自体は難しい作業ではありませんが、プラグホールには構造的に砂などがたまりやすく、交換時に入らないようにするにはコツが必要です。

自信が無い場合はディーラーやカー用品店に頼んだほうが安全です。交換する際は、国産の高性能なプラグに交換したほうが、交換サイクルや燃費など長い目で見ても安くすみます。

車のメンテナンス方法として、最も基本となるのは洗車

車のメンテナンス方法として、最も基本となるのは洗車

車のメンテナンス方法として、最も基本となるのは洗車です。

定期的に洗車をすることで、自分の車の状態を確認することができます。

洗車の基本

洗車の基本は、車の上部から洗っていくことですが、ひどくホイールが汚れている場合は、ホイールから始めてもいいでしょう。

洗車の手順としては、まず車全体にたっぷりの水をかけて汚れを浮かせ、よく泡立てた洗剤で車の上部から洗っていきます。

泡立てる方法としては、まずバケツに洗剤を入れ、勢い良く水を入れていくとよいでしょう。

洗剤について

洗剤の量は、説明書に書いてある量を厳守しましょう。

多いから良く汚れが取れる、というわけではありません。

その後水分を拭き上げ、しつこい汚れを発見した場合は適した方法で磨きます。

自動車用洗剤は、様々な汚れや部位の専用の物が出ていますので困ることはないでしょう。

鉄粉除去やガラスの撥水加工などもこの段階で行います。

綺麗になったところで、コーティング剤やワックスなどで加工しましょう。

最近の流行りはコーティング剤ですが、黒などの濃い色の車はつやつやになっている状態が似合います。ワックスで艶を出してあげてください。

エンジンルームはあまり掃除をする機会の無い場所ですが、半年点検の前、一年点検の前、その中間の頃、と3カ月に1度程度、定期的に見てあげてほしい部分です。

外装部分と違い、エンジンルーム内は砂やほこりが主な汚れです。それ以外の汚れ、例えばオイル汚れや、冷却水が漏れたあとがあるようなら、ディーラーに相談してみてください。

砂やほこり汚れですが、洗剤や雑巾で拭くよりも、ハケなどで落とすことが効果的です。

100円ショップなどで安いハケを買ってきて、エンジンルーム内の砂やほこりを落としていきましょう。

おおむね落とすことができたら、硬く絞った雑巾で拭いていきましょう。エンジンルーム内の掃除は素手でやるとケガをすることがありますので、軍手などの使用をおすすめします。

また、エンジンは必ず切った状態で掃除を行ってください。

古い車なら売却も検討しましょう!

大切に乗ってきた愛車。それでもいつか愛車と別れる時はくるものですよね。

最近、友人が10年以上乗ってきたエスティマを売却しました。

20万キロ近く走ったので「過走行車」に該当するそうなのですが、それでも思ったよりも高く売れたので喜んでいました。

利用したのは車買取の一括査定サイトで、そこでたくさん見積もりをとって価格を比較して一番高い業者に売却をしたという感じです。

過走行車でも売却できる?そもそも値段はつくのか?

上記のページに過走行車の価値とか、なぜ売れるのかとか書いてあります。

興味があれば参考にしてみてくださいね!

ワックスがけ!コーティングとの使い分け

ワックスがけ!コーティングとの使い分け

ワックスと言っても色々な種類がありますが、一般的なものは固形ワックス、最近ではカルナバロウという成分が配合されているものが一般的です。

カルナバロウはブラジルが原産国で、ワックスに配合することでしっとりとした艶を出すことができます。

ワックスはボディ表面に塗りこむことで、表面保護や艶出しといった効果を発揮します。

艶出し効果に優れますが、ワックス自体が酸化していきますので耐久性はそれほどありません。
定期的な塗りなおし、施工が必要になります。

また、油が主成分ですので、溶けてガラスに付着した場合はガラス油膜の原因になります。

一方コーティング剤はここ数年で一気に広がりました。

コーティングは科学的にボディ表面に吸着し、水をはじくことが主な効果です。

耐久性の優れ、数カ月間の効果の補償を謳う製品も多くあります。

施工方法も、洗車後の濡れているボディに霧吹きなどでミスト状にしたコーティング剤を塗布し、拭き上げるだけ、といった方法が主です。

ワックスに比べると手軽に施工することができ、昨今メジャーになった理由の一つにもなっています。

しかし艶出しといった効果を考えるとワックスには及びません。価格もワックスに比較すると高額になる傾向があります。

使い分けの方法としては、個人の好みになりますが艶がほしい車はワックスを、そうでもない場合はコーティングをおすすめいたします。

ボディカラーがブラック系の場合はワックスを、シルバーなどの場合はコーティングがおすすめです。ボディカラーがホワイト系の場合はお好みで選んでください。

ワックスの上からコーティングをすれば両方の効果を得られるのでは、と考えがちですが、それはおすすめできません。

ワックスやコーティング剤の説明書を読んでいただければわかるのですが、両方塗ってもあまりよい効果は発揮できません。

ワックスした車にコーティングを施す場合、ワックスをしっかりと洗い流してからコーティング処理を行いましょう。

バッテリー交換!一度上がってしまったバッテリーが必要?

バッテリー交換!一度上がってしまったバッテリーが必要?

バッテリーが切れてしまうと車は始動することができません。

バッテリーが切れることをバッテリーが上がる、といいますが、バッテリー上がりはJAFのトラブルでも1位と、かなり頻繁に起こるトラブルです。

通常の使用では、バッテリーは徐々に劣化していき、やがてエンジンをかけることもできなくなります。

セルの力強さが無くなってきたら、交換をしてしまうのが良いでしょう。3年程度で、予防的に交換するのも、トラブルを防ぐ良い方法です。

また、一度上がってしまったバッテリーは、高確率でダメになっています。いったん回復したように見えても、以前とは状態が違います。

一度上がったバッテリーは交換してください。

バッテリーには、メンテナンスが不要なものと、メンテナンスが必要なものがあります。

メンテナンスが必要なバッテリーは、始動前にチェックして、バッテリー液が不足しているようなら追加してあげなければいけません。

しかしバッテリー液は酸性で皮膚に触れるとやけどをすること、可燃性のガスが発生することなど危険ですので、ディーラーに任せてしまったほうが良いかもしれません。

冷却液はエンジンを冷やすための液体で、少なくなっているとエンジンが壊れてしまいます。最悪の場合、エンジンが炎上することもあります。

エンジンを交換するのであれば、車を買い替えたほうが安上がり、というほどの金額がかかることもあります。定期的に確認し、減っていないかチェックしてください。

冷却水の量をチェックして、液面がLOWERとUPPERの間にある場合は大丈夫ですが、LOWERより下になっている場合は、冷却液を追加しなければなりません。

エンジンが冷えているときに、市販の冷却水を足してあげましょう。
エンジンが熱いときに冷却水補充口を開けると、熱くなった冷却水が吹き出してくるので非常に危険です。

冷却水は少しずつ減っていくものですが、あまりにも減っている場合はディーラーに相談してください。どこかで漏れている可能性があります。